千葉県船橋市の空き家問題を解決するNPO法人

専門家が解決にあたります!


空き家事例

再建築ができない物件

問題 敷地が道路に接していない。

プランニング測量士

当初道路までの敷地が道路と2m接するように近隣住民に協力を依頼する。

解決 隣地にお住まいの方に購入していただいた。

ご関心のある方、お問い合わせページからご連絡ください。 

不動産市場にのらない物件

問題 地下に隣地にお住まいの方の水道管(枝管)が埋設されていた。

プランニング行政書士

解決 水道管の所有者に購入してもらった。

ご関心のある方、お問い合わせページからご連絡ください。 

手続きが複雑な物件

問題 所有者は10年前に死亡しており、法定相続人が分からないので手続きできない。

プランニング司法書士

解決 職権で全法定相続人を捜し出し、事情を理解してもらった上で遺産分割協議を行なった。
問題 所有者に法定後見人が就任している。

プランニング司法書士

解決 家庭裁判所の許可を得られるよう、法定後見人の書類提出を手伝った。
法定後見人が親族の場合、思いの外スムーズにいく場合があります。

ご関心のある方、お問い合わせページからご連絡ください。 

市街化調整区域

問題 原則、新築ができない。

プランニング行政書士

解決 既存宅地制度を活用した。

ご関心のある方、お問い合わせページからご連絡ください。 

事故物件

問題 物件の中でお亡くなりになった。

プランニング行政書士

解決 建物を解体/再建築するなら気にしないという人を探した。

*「市街化調整区域」案件と「事故物件」案件は同じ物件でのお話です。

ご関心のある方、お問い合わせページからご連絡ください。 

違法建築物件

問題 隣の建物との間に隙間がない。

プランニング行政書士

解決 解体業者さんと大工さんのコラボで隣のお宅の補修付工事を行なった。

ご関心のある方、お問い合わせページからご連絡ください。