千葉県船橋市の空き家問題を解決するNPO法人

空き家は大きな社会問題となっています!
管理責任は誰か?

空き家問題で一番大変なのは、居住者が亡くなってしまい、空き家の現在の所有者が
誰だか分からないということです。

 法務局に行けば、誰でも登記簿から所有者に該当する人を探すことはできます。
しかし、その人が亡くなっていた場合、その家族が登記情報を更新していなければ、
調べることすらできません。

 大抵は亡くなった所有者の子供さんたちがその家を相続していることになっていることが多いのですが、忙しかったり遠方だったりして、手続きを面倒がる人が少なくありません。
市当局からしてみれば、空き家の固定資産税さえ払ってくれれば良いので、登記情報を更新するかどうか見守ることまではしないですし、できないのが現状です。



調査 わたしたちの取り組み

隣近所の空き家で迷惑していて何とかしてほしい方、またその家の購入や利活用に関心のある方からの正式な依頼をいただければ、法律専門職集団であるわたしたちが調査します。

普段から、相続業務などで法定相続人を探すことを生業にしておりますので、
比較的短期間で探すことができます。

そして、本当の所有者に、空き家になっている物件をどうしたいのか尋ね、
有効活用できる方法について提案するなどの交渉を行ないます。



本当の所有者を捜します